[ プライベートセール ]
   
SOLD OUT

“DIMENSION” LOOK 15

DIGITAL LOOK


Movie

ルックはデジタル画像と同様に全てのパーツが三角形のポリゴンでつくられている。ポリゴン自体は三角形の平面だが、ポリゴンが集まることによって立体が生まれる。平面でつくられてきたパッチワークは、ポリゴン構造によって立体造形に変わる。アンリアレイジが続けてきた、異なる面を縫い繋ぐパッチワークは、異なる層を積層するパッチワークとなり、平面と立体が入れ替わる。隣り合う三角形同士の間に浮かび上がるのは線。線は紫外光により発光し、暗闇で輝きを放つ。それは平面と立体の境界線であり、二次元と三次元の境界を象徴する。

CONCEPT

ANREALAGE 2022 S/S COLLECTION “DIMENSION”

アンリアレイジ2022年春夏コレクション「DIMENSION」は二次元と三次元を越境するコレクション。コロナ禍がもたらしたデジタルのファッションショーは、軽々と世界の距離を縮め、すべてをフラットにした。画面の中では、立体と平面の区別はなくフラット。画面の中と外の境界もまた、消えていく。ファッションは画面の外で纏うだけでなく、画面の中でも纏うことができる。細田守監督最新作「竜とそばかすの姫」のアニメーションから始まり、劇中に存在する仮想空間’U’’でコレクションが幕を開ける。仮想世界の宙を舞う三角形の布の欠片が集結し、CGアバターと洋服の形が現れる。CGアバターモデルは宙に浮くガラスのランウェーを歩き出す。その映像を背景に、実在のモデルが歩く真っ白な空間に次元が切り替わる。やがて布の欠片は宙に舞い散り、仮想の世界へ消えていく。

二次元から三次元が現れ、三次元がまた二次元へ。現れては消える無数の三角形は、蝶のようにも見える。デジタルの三角形に命を吹き込む作業は、アニマ(ANIMA・魂)を語源とするアニメーションの原点でもある。「DIMENSION」は、形なきものに、魂を吹き込む願いであり、消えゆくものを、再びこの世界に呼び戻す祈りである。もう一人の自分、もうひとつの世界。日常の中に非日常があり、非日常の中に日常がある。

作品情報

  • 作品名 ANREALAGE
    SPRING/SUMMER
    COLLECTION
    LOOK 15
  • 制作年 2021
  • 制作